4/22 無形民俗文化財の菅野の神楽を観に行こう。

4/22 無形民俗文化財の菅野の神楽を観に行こう。

毎年4月下旬、筒川地区菅野にある上山神社へ神楽が奉納されます。

1665年に但馬地方から婿に来た人物が、造り酒屋をはじめるに当たり、水の確保に井戸掘職人を呼び、屋敷の周りに井戸を掘らせ、その井戸掘り職人が尾張の国に伝わる「神楽」を村の若い人に教えたのが始まりと伝えられています。

詳しくは → 菅野さ.いこう会ホームページ

京都府の無形民俗文化財にも登録されています。

 

菅野の神楽は曲目が多く、12曲も舞が奉納されます。
トリを飾る12番目の「和唐内(わとうない)」は、歌舞伎を連想させるような派手な化粧で獅子の生け捕りを演じ、迫力のある立ち回りが見もの!

2018年は4月22日(日)に行われます。
この頃には、蒲入水産の漁港めしもはじまっています!!!

伊根町の山間の集落の文化に触れたあとは、オーシャンビューで魚づくし、なんて贅沢旅もできちゃいます。
※漁港めしは事前予約が確実です。



上山神社へのアクセス

見る・遊ぶカテゴリの最新記事