【道の駅「油屋」】魚介てんこ盛りの海鮮丼を食べてきた

【道の駅「油屋」】魚介てんこ盛りの海鮮丼を食べてきた

海の京都とも呼ばれる丹後半島。せっかく海の近くに行ったのならおいしいお魚食べたいですよね。

そして海鮮系のメニューの中でも特に人気なのが海鮮丼。海鮮丼を出す店は丹後にもたくさんありますが、今回はそんななかでもイチオシの「お食事処 油屋」をご紹介します。

道の駅にある「お食事処 油屋」

道の駅「舟屋の里伊根」の中にある油屋。1階の奥に位置しており少し見つけにくい場所にありますが、開店時間になると平日でも行列ができるのですぐわかると思います。土日だと1時間以上待つこともしばしば。

ちなみに閉店時間が16時となっていますが、材料がなくなり次第終了となるので、どうしても油屋さんで食べたい方は12時前に行くのがいいと思います。

店構えはこんな感じ。「油屋」と書いたのれんが目印です。

メニューは海鮮丼と青島定食の2種類。値段もお手ごろです。

・海鮮丼 ¥1,540
・青島定食(刺身盛合せ、煮魚、焼き魚) ¥2,160

 

この日は平日ということもあり、それほど待つこともなくお店に入れました。

店内はカウンター席が8席ほどとお座敷席が3卓。空いていたので座敷席へ。ちなみにお茶はセルフサービスになってます。

ヨメと二人で行ったので、海鮮丼と青島定食をそれぞれ注文。

海鮮丼と青島定食

ほどなくして海鮮丼のご到着。

ご飯の上にブリ、イカ、鯛、サワラなど地元のお魚たちがてんこ盛り。ボリュームあります。

この値段でこれだけの量・種類の魚が入ってる海鮮丼は丹後でもほとんどないはず。

ではいただきます。

 

わさびを醤油にといて、海鮮丼全体にそれをかけるのが好きな食べ方。

あいかわらず魚が新鮮で美味しい。ぷりっぷりです。

油屋の板前さんが毎朝漁港に直接買い付けに行っているそうで、この美味しさにも納得。

あっという間にたいらげてしまいました。大満足。

さて続いては青島定食。ちなみに青島とは伊根湾の入口にある島の名前です。

刺身盛合せ、煮魚、焼き魚と伊根の海の幸を様々な味付けでいただけます。この日の煮魚はカレイ、焼き魚は鯛の塩焼きでした。レポートのためという口実で、ヨメから少しいただきます。

お刺身
煮魚
塩焼き

全部美味しかったんんですが、特に鯛の塩焼きがツボでした。

ふっくらとジューシーに焼きあがっており、鯛の旨みがしっかり感じられました。

こちらの青島定食もオススメですよ。

まとめ

地元の漁師さんも訪れるという「お食事処 油屋」。ぼくも伊根に知り合いが来てくれるとき、連れていきたいお店の一つです(あまりの行列に泣く泣く断念することもありますが)。

伊根にお越しの際はぜひお立ち寄りください!

お食事処 油屋

  • 住所:京都府与謝郡伊根町字亀島459
  • 電話番号:0772-32-0750
  • 営業時間:10:00〜16:00(※季節により変更あり)
  • 定休日:水曜日

食べるカテゴリの最新記事