秘境!夫婦で営む食堂「イネノソラGOHAN」で新たな伊根町に出会う

秘境!夫婦で営む食堂「イネノソラGOHAN」で新たな伊根町に出会う

秘境!わずか7世帯の小さな集落「湯之山」地区


伊根町観光のヘビーなリピーターでも、恐らく行ったことがない、「湯之山(ゆのやま)」は、筒川そばなどが名産の筒川地区に位置します。
舟屋のある伊根地区とはガラっと雰囲気が変わり、穏やかでのどかな里山の風景が広がります。

そんな小さな集落にあった空き家と、そこに住む人たち、風光明媚な景色にベタ惚れして、大阪から移住して来られたご夫婦。
2018年春頃から、地元の業者さんと自分自身の手でボロボロの古民家を蘇らせ、ついに2018年11月2日(金)、小さな食堂をオープンさせました。

帰りたくなくなる「イネノソラGOHAN」の空間


看板がなければ普通の民家にしか見えない店舗は、お店に入るところから親戚や友達の家に遊びに行く感覚。


一歩入れば、3席ほどの小さなカウンター席の奥にすっきり可愛らしい厨房が覗き、左手には畳の間と縁側にいくつか席があり、
いったん腰を落ち着けると、なかなか帰るのが惜しくなってしまうこと間違いなしです。


奥にはキッズルームもあり、お子さま連れにも嬉しい絵本やおもちゃが。ここらへんは保育士でもある奥様のおもてなし心。
伊根町内にはこれまでキッズルームのある飲食店はなかったので、ママ・パパには嬉しいポイントですね。


個人的なオススメは、縁側の2人席。
少し高台にあるお店からは、山々や田んぼの解放的でいつまでも眺められる景色が見えて、この席からはそれを独占できちゃいます。

イネノソラGOHANのメニュー

色とりどりの食材が並ぶランチプレート

基本的には、ランチのみの営業で、ワンプレートランチ(税込1,100円)または中華そば(税込750円)の2種類。
コンパクトな厨房のため、水・木曜日は中華そば、金・土・日はワンプレートランチと曜日によって提供されるメニューが異なります。

ある日のワンプレートランチ

● 鶏肉の味噌焼き ナッツとわさび菜添え
● シャキシャキ水菜のサラダ リンゴドレッシングかけ
● サツマイモのレモン煮
● カブの柿ソース和え
● ブロッコリーのごま白和え
● 冬瓜の酒粕豆乳グラタン
● 自家栽培米
● 自家製お味噌の味噌汁
※季節・仕入れによって変わります。

どれも、伊根町・丹後エリアの無農薬・有機栽培などのお野菜や魚介、鶏などを使った地産地消メニューばかり。
奥様がひとつひとつ手作りされた、優しい、美味しいものがぎゅっと詰まっていてお腹も心も大満足!


そしてもうひとつはご主人のこだわりの中華そば。(ラーメンじゃなくて、中華そば!がポイント。)
こちらも伊根町本庄地区にある 三野養鶏 さんの鶏ガラと伊根町で水揚げされた魚介等でとる醤油スープに無添加の麺にメンマ、これまた三野養鶏さんの鶏を使った鶏チャーシュー、地元の九条ねぎなどをトッピングされた、あっさり、でもコクのある飲み干す一杯です。

  
こちらはプラス150円で自家栽培のご飯とお漬物、プラス350円でさらに手作りお惣菜付きのご飯セットにできます。
中華そばの日に来たけどワンプレートランチのお惣菜も気になる・・・という方は、ぜひセットがオススメです♪

イネノソラGOHANへのアクセス

目印は、伊根町コミュニティバス「湯之山」停留所前にある「三協立山アルミ」の青い看板。
その下に小さな「イネノソラGOHAN」の案内看板が。
その坂を上がっていくとお店が見えます。


バス停はありますが、上記のような時刻表で、宮津方面からだと、調べたところ「JA伊根支店前」での丹海路線バスとの乗り換えもうまくいきません。
なので・・・・現実的には車やバイクという選択肢になります。

宮津方面から伊根へトンネルを抜けると十字路に信号があります。それを「左折」します。
右手に伊根診療所・左手に消防署を見てクネクネした山道を登って道なりに進むとやがて走りやすい広めの府道に出ます。すぐに「湯之山」バス停が見つかるはずです。
伊根診療所から10分足らずで到着します。

駐車場

坂を上ってお店に到着するまでの間に3箇所の駐車スペースが点在しています。
ゆっくり進まないと見逃してしまうようなもので、コンパクトカーくらいまでなら停められるかなぁ・・・という感じです。

運転に自信のない方や、大きい車の方は、バス停のある道路沿いに空きスペースがあるので、邪魔にならないように停めて徒歩で上がるのが良いかもしれません。
詳しくは、お店までお問い合わせください。

お問い合わせ

イネノソラGOHAN Facebookページ

住所:〒626-0431 伊根町字菅野580
電話:0772-47-9787
※カーナビに住所を入力すると、別の場所へ案内される場合があります。
Googleマップの使用をお勧めします。

食べるカテゴリの最新記事