伊根浦の朝

伊根浦の朝

大量に降り積もった雪もだんだんと溶け、本日の伊根町は春の嵐で大荒れです。

おはようございます! 今日から3月🌸ですが春の嵐! あまりに凄いのでオープン前の今の店内からの景色を📹 青空がきれいだから違和感しかないですが、ただのアトラクションです😂網戸が勝手にスライド!飛沫が風で飛んできてそこら中で虹🌈が出来てますw 嵐が過ぎるまでは店内までダッシュでお越しくださいね😂 海水浴びちゃいます🌊ご注意ください⚠w #kyoto #京都北部 #伊根 #ine #舟屋日和 #funayabiyori #鮨割烹海宮 #wadatsumi #inecafe #seaside #日本の絶景 #seaofjapan #instafood #絶景 #丹後 #trip #instagood #flower #春の嵐 #spring #rainbow

舟屋日和さん(@funayabiyori)がシェアした投稿 –

朝はヒューヒュー、ゴォーゴォーという音で目が覚めたのですが、
7:00過ぎ頃に ♪ピンポンパンポーン♪ と防災行政無線から放送が。

なんと!漁に出ていたみたい・・・。

筆者の住む伊根町の伊根地区では、毎朝この放送で「漁模様」が放送されます。

おはようございます、伊根浦漁業からお伝えします。
定置の魚選りをお願いします。
本日、鋤崎1号網2号網・・・・・ダンベ80~100見当。
定置の魚選りお願いします。伊根浦漁業よりお伝えしました。

ざっくりこんな感じの放送内容です。

最初は何ひとつ聞き取ることができず、伊根に来て初めての朝は、火事か何かかと思って慌てました(笑)
しかも夏だったので漁に出る時間が早く、放送も6:00前頃でした・・・。

「定置」とは、定置網漁のことで、「鋤崎」1号網2号網というのは、定置網の名前です。これに加えて「割くり網」という3つの漁場を伊根浦漁業(株)で持っています。

「ダンベ」は約600kg入るプラスチックの箱のこと。鰤なら約60本入るのだそう。

「魚選り」というのはその字のごとく、魚を選り分ける作業のことです。
漁師さん、組合員の奥さん方、OBさんたちがこの作業をされていることが多いようです。

でもこの作業員の皆さんは、大体放送よりも早く漁港で船を待ち構えています(笑)

なのでこの放送を聞いてやってくるのは、「浜買い」をする地域の人たち。
民宿や飲食店を経営する方の仕入れや、家庭用の魚を買い求める人がバケツを持って列を作ります。

魚屋のない伊根町の貴重な文化ですが、あくまでも地域向けでされている浜売り。
何より素人には買い方のルールもハードルが高く、フォークリフトが爆走しているので、オロオロしてると危ないし迷惑になります。

どうしても浜買いしたい!って方は、誰か地元の人に知り合いを作って同行してもらうことをお勧めします。(今のところ)
何かツアー的なものができたら、ここでお知らせしますが。

伊根町内には他にも新井崎漁港、蒲入漁港があり、雰囲気も全く違うようで、新井崎は買いやすいでー!なんて言う声も一部で聞いたり聞かなかったり・・・・。

そんな漁村らしい文化を持つ伊根町ですが、最近は空前のイワシフィーバー!

伊根はただいまマイワシフィーバー中。それを干したんが伊根の道の駅で1串650円。脂のってます。 #伊根 #伊根浦 #伊根浦漁業 #定置網 #大敷 #マイワシ #漁師 #海 #京都 #丹後 #魚 #道の駅 #舟屋の里 #もんどりや #sea #seafood #fish #sardine #ine #kyoto #tango #mondoriya #myfavoriteine

もんどりやさん(@mondoriya)がシェアした投稿 –

30年ぶりくらい?のマイワシの大漁だそうで、あっちこっちでマイワシがやりとりされ(笑)、干されています。

私も、新井崎漁港と伊根漁港で水揚げされたマイワシをいただき、美味しくいただきました。

ブログカテゴリの最新記事